>アーカイブ>建物の外観を良くするなら外壁塗装を!塗装するメリットはいっぱい

外壁塗装とは

外壁塗装とは、塗装の剥がれや壁の腐食、鉄部のサビなどを塗装するリフォームです。築15年程で行うのが一般的です。

自分で行う場合・業者に任せる場合を比較

自分で行うほうが費用は安い

業者に任せると、場合によっては100万円以上かかることもありますが、自分で行うと安く仕上げることができます。

仕上がりや耐久性に差が出る

自分でキレイにできたと思っても、業者の塗装と比べると仕上がりや耐久性が劣ります。

外壁塗装のことを知ろう

外壁塗装といっても、ハイブリッド塗料、シリコン塗料、断熱塗料など、塗料にもさまざまな種類があります。そのため、目的に合った塗料を選ぶことが大切です。

建物の外観を良くするなら外壁塗装を!塗装するメリットはいっぱい

ローラー

外壁塗装の特徴

外壁塗装をすると、美観を改善する以外にもあらゆる効果があります。建物の耐久性を向上させたり、遮断や防水、防音効果、省エネ効果などが得られるのが特徴です。建物内部の腐敗も防ぎ、健康的な建物を維持できます。

作業員

外壁塗装をする意味とは?

板橋区には多くの塗装業者があり、地域密着型の事業を行っています。外壁塗装は快適な生活をするために必要なメンテナンスなので、築10年から15年を目処に行いましょう。

外壁塗装の流れ

刷毛

足場づくりと高圧洗浄

安全に作業をするためにまずは足場を設置し、その後、高圧洗浄を使って壁についた汚れや古い塗料を一気に落とします。

乾燥させた後下地処理

高圧洗浄でついた水分を2日程かけてしっかり乾燥させた後、塗装しやすいようにひび割れや崩れなどを直し、壁を平らにして下処理します。

ビニールや布で養生する

下処理が終わったら、塗料が飛び散って汚れないように、塗装をしない部分をビニールや布で覆って養生します。

外壁塗装

外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りと3度行い、塗装に厚みをだして建物を保護したり、美しい色を出したりします。

確認作業・完成

最後は細かいところまで確認作業を行い、塗料の飛び散ったところはシンナーで掃除します。その後、足場の解体をおこなって完成です。